JOFI兵庫につぃて
 農林水産省公認の社団法人 全日本釣り団体協議会公認のもと、健全な釣り人の育成・指導を行い、釣り場の環境保全および釣り人の権利を保護する事を目的として設立された制度並びにその団体の総称です。
兵庫県釣りインストラクター連絡機構(JOFI兵庫)は兵庫県に在住の公認釣りインストラクターを中心に構成され、J.O.F.I 設立の趣旨に基づき釣り場環境の改善に貢献しています

公認インストラクターの主たる目的
 一般の釣り人に対し、釣り技術の指導と合わせ釣りのマナー、釣り場でのルールの啓蒙、釣り場環境の美化保全、水産資源の保護育成、気象・海象の把握、釣り場での安全確保、救急法等の指導を行う者を育成すること。
また我々釣り人と漁場を共にする専漁者とのトラブルや水難・海難事故の発生を防止し、水域の美化、保全に成果を上げ、釣りの正しい、健全なる発展を図ることにあります

全釣協公認インストラクター制度について
 釣り人の組織としては、全国の釣り人と、その集まりである団体を束ねる、「全日本釣り団体協議会(全釣り協)」があります
[全釣り協]は農林水産省を主務官庁として昭和46年に発足しました。
「全釣り協」は、釣り人と行政をつなぐ唯一の窓口であり、趣味・スポーツ・リクリエーションとしての釣りの健全な発展と、漁場利用問題の解決・漁業関係法規の周知・自然環境の保全・水産資源の保護活動などを目的としています
具体的な行動としては、「釣り場の清掃」・「稚魚放流」・「漁場利用知識普及講習会」・「青少年釣り大会」 などがあり、併せて、{釣り人の地位向上}・{環境を守りながら、釣りを楽しむため、未来に向けてのつりの方向付け}などの働きかけを展開しています
 また、平成4年度から、助成金が交付され、国の委託事業としての、{公認釣り指導員(釣りインストラクター)資格制度}が発足し、更に、平成9年度からは、上級の釣り指導員(フィッシングマスター)制度が出来ました
 そして、全国のインストラクター・マスターが集まって各県に「連絡機構」が発足し、全国各地で、それぞれの地域に根を下ろした地道な活動をしています

公認釣りインストラクター資格試験について
 公認釣りインストラクターになるには、資格試験に合格する必要があります
合格した人は「公認釣りインストラクター」として登録され全国都道府県などに紹介されますが、実際の釣りインストラクターとしての活動(資格マニアを除き)は、各地にあります連絡機構(東京以外は県別)に所属しなければ不可能です
 また、釣りインストラクターとして3年以上活動し、所定の基準を満たした方は、「フィッシングマスター」の受験資格が出来ます
 尚、釣りインストラクターとしての活動は原則ボランティア活動です
現時点ではこの資格により、将来性・社会性・経済性を求めることは出来ません

1.公認釣りインストラクターには下記の2つの資格区分があります           
   (1)海  面=船釣り、岸釣り、磯釣り、投げ釣り、海のルアー釣り
   (2)内水面=渓流釣り、止水釣り、疑似餌釣り(ルアー・フライなど)
    *どちらかを選んで受験することになります
2.養成講習会及び資格試験  例年11〜12月に実施されます
3.受験資格      満20歳(資格取得時)以上のもの 
4.資格試験受験料   \20,000
他に合格した方は登録料\10,000.が必要です
(会員証・バッヂ・ワッペン等が配布されます)

役員構成 組織構成 2015
役員構成
役職 指名
代 表 酒井 信由喜
事務局長 平井 誠
事業部長 石田 和幸
広報部長 藤枝 喜市
組織部長 頂 恒男
財務部長 坂本 和夫
会計監査 矢野 貴雄
顧 問 南出 正太郎
相談役 塩見 孝男
相談役 岡田 国明
組織構成
支部名 支部長名
北兵庫支部 吉門 正行
中兵庫支部 石田 和幸
兵庫西支部 東根 聡也
兵庫東(A)支部 林 哲朗
兵庫東(B)支部 徳本 義明
神戸支部 平井 誠

兵庫県釣りインストラクター連絡機構
事務局 神戸市中央区元町通5丁目5−2 平井ビル3F
078-732-6111 Fax078-732-6188